天ノ屋-ten no ya- 天ノ屋 -ten no ya- では、オーナーの天丞丸(てんすけまる)自らが狐面をはじめとする一点物のお面を制作・販売をしております。アートとしてお部屋に飾るのはもちろん、ポートレートや創作の撮影などでも良い演出ができます。オーダーメイドのご依頼も受け付けておりますので、リクエストなどございましたらお気軽にご相談ください。 天ノ屋

〈簡単解説〉とりあえず稲荷神社ってなに?

稲荷神社ってなに?

道を歩いているとふと目にする稲荷神社。大きいものから小さいものまで様々。その姿はすぐ思い浮かべられるようにまるで違和感なく存在を知っています。
なんてったって、全国に8万社もあるらしいんですよ。
しかしその正体はよくわかりませんよね。自分もわかりません。
でも、狐面をつくる身としてはなんだかその辺を知らないと「このミーハーが」と言われているようでモヤつくので一応ちゃんと調べておきたいと思います。

 

 

稲荷神社とは

ズバッというと、稲荷神を祀っている神社です。
京都市伏見区にある『伏見稲荷大社』が各所の稲荷神社の総本宮とされています。

 

 

稲荷神は狐じゃないよ!

よく狐の姿で描かれるこの稲荷神、実は狐そのものじゃないんです。
稲荷神は、稲を象徴する穀霊神・農耕神。五穀豊穣などをお願いする神様です。
稲荷大明神やお稲荷さんなどと呼ばれることもあります。
稲荷とは、食物の神様「ウカノミタマ」のことを表し、語源は『いいなり(飯成り)』と言われています。
また、稲荷神社に鎮座している狐さんは五穀豊穣・稲の豊作を知らせにきてくれる稲荷の眷属とされています。稲荷神社に狐の置物があるのはこのためです。
そう、稲荷神に仕えているのが狐なので、アニメや漫画でも狐の姿として描かれているだけなんです。まあ狐姿の稲荷神、かっこいいからぜひそのまま描いてほしいんですけど。

 

なんでも叶えてくれる?稲荷神社のご利益

稲荷神のご利益は多岐にわたり、五穀豊穣に始まり産業振興・商売繁盛・家内安全・芸能上達まで叶えてくれるとされています。
その時はお願いの心も大事です。確実にこの願いを叶えるぞ、どうかお力をお貸しください。と言うお願いならまだしも、なんでもいいから叶えてくれや金持ちになりてぇ、なんて奴がいたらどうです?腹立つでしょ。
稲荷神はそんななんでも叶えてくれるわけないじゃないですか。その願いにはそれ相応の対価も必要となりましょう。
一説では稲荷神は効果が大きい分、悪いことをしたらその分悪いことが起きたり見返りとして大事なものを奪っていくと言う話もあります。
稲荷神に限らずですが、その存在を信じるならば当たり前に敬意を示すものです。

 

なぜ赤い鳥居があるの?

稲荷神社、と言ってパッと思い浮かべるのが『朱色の鳥居』である方は少ないはず。
稲荷神社の入り口には必ずと言っていいほど鳥居が存在しますよね。
朱色は昔から太陽(夕陽)や血の色を象徴しており「魔除け」の力があるとされています。
また、一説では豊穣の色が朱色だからとも言われていたりします。
単に朱色の原材料が木材の防腐剤になるから、ということもあるそうです!
そしてその朱色鳥居の原点といえば『伏見稲荷大社』の鳥居。
あれは、江戸時代に願い事が「通る」あるいは「通った」お礼の意味から感謝の印として鳥居を奉納することが流行った結果だそうです。(伏見稲荷大社公式HPより)
しかし、全部で何本あるのか管理しきれているんですかね…^^;

 

 

俗説 一緒にお参りしたカップルは別れる⁉︎一言で言うと「んなわけあるか」です。

そもそもそのお相手が「別に行きたくなかったのに無理矢理連れてこられた」というお相手の気持ちに気がつかなかったあなたの無頓着で自分勝手なせいです。
あれですよ、某夢の国に行ったカップルは別れる、みたいな。
伏見稲荷大社に行った時、確かにカップルが多かったです。綺麗な服装でお写真を撮りにきていたりは楽しそうで良いでしょう。

しかし、一度階段を登り始めれば生半可な気持ちでは頂上には絶対に行けません。しかもお互い疲れ始め会話は減り、無言でつまらない時間の中(なんでこんなに階段登ってんだよ…)と我に帰ってしまったら最後。
無理矢理登らされて面白い話をしてくれるわけでもなく疲れだけが蓄積していく。そして段々と相手にムカついてくるわけです。そら別れますわ。

 

 

最後に

こんな感じで稲荷神社についての最低限の知識は得られたかなと思います。
他にも不思議なものが何点かあったので今度まとめてみますね^ ^
ではまた🦊

一点物のお面制作 | 天ノ屋-ten no ya-

天ノ屋-ten no ya- 天ノ屋

天ノ屋 -ten no ya- では、オーナーの天丞丸(てんすけまる)自らが狐面をはじめとする一点物のお面を制作・販売をしております。アートとしてお部屋に飾るのはもちろん、ポートレートや創作の撮影などでも良い演出ができます。オーダーメイドのご依頼も受け付けておりますので、リクエストなどございましたらお気軽にご相談ください。

屋号 天ノ屋/天丞丸(てんすけまる)
営業時間 年中無休予定
定休日 不定休
E-mail info@ten-no-ya.com

コメントは受け付けていません。

特集